プライバシーポリシー

Homeプライバシーポリシー個人情報保護への取り組み

個人情報保護への取り組み

個人情報の重要性を知る私たちだからこそ、なによりも大切にお取扱いしています。
コンピュータが大量のデータ処理を瞬時にこなすなど大変便利な情報化社会が実現しています。
しかし同時に、ネットワークを活用する企業には個人情報の保護を重要視した活動が求められています。

個人情報保護管理体制の強化

大切な個人情報を安全に保存できるよう高いセキュリティシステムを構築しています。

管理体制を継続的に見直しています

定期的に社長を議長とする「個人情報安全管理委員会」を開催し、個人情報保護に向けて安全管理の徹底を図っております。
また、個人情報の管理部署として「コンプライアンス室」を設置するとともに、各部署の長を「個人情報取扱管理者」に任命し、安全対策の徹底を図っています。

個々の意識と行動の向上を図る社員教育

年に1回全従業員を対象に個人情報保護に関する集合研修を実施しています。繰り返し継続的に意識する事で深く浸透させ、その理解度を図るためのテストを実施しています。また、同時に誓約書を交わし、職務上知り得た情報を外部に漏らすことを禁じています。

個人情報との接点を明確に記録

非接触ICカードによる入退室管理

ICチップ内蔵の社員証により、出社時から退社時まで各施設へ入室するたびに時刻と個人名を識別。来訪者は身元確認後、ゲスト用ICカードを受け取り指定された場所のみ出入りが許可されます。「誰が、いつ、どの部屋に入室したか」が常に記録されています。
また、部外者の侵入を防止するため、受付及びサーバー室にはモニターカメラを設置しています。

個人別ID・パスワードによるコンピュータ利用制限

社員のひとりひとりが、パソコンを起動させるための専用カードとともに、個別のIDパスワードを保持。この二つの要素が揃ってはじめてパソコンが起動するシステムを採用しています。この専用カードで個人情報閲覧可能者を管理し、アクセス権限の制限を行っています。
また、個人情報照会システムのアクセス・eメールの管理、インターネットの使用制限・管理等すべてのアクセスログを取り、保管分析を行っています。

ICカードイメージ

日々の業務での取り組み

書類の授受管理、FAX使用時の宛先確認の徹底を実施し、退社時には必ず施錠確認をしてから、退社しています。また、外部からの不法侵入を阻止するファイヤーウォールの採用やウィルス対策など、保有する個人情報の漏洩・紛失・破壊・改ざんを阻止する十分な対策を取っています。

プライバシーマークの取得

当社は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会の運営する「プライバシーマーク制度」の認証を2005年8月に取得しました。 「プライバシーマーク制度」とは、日本工業規格「JISQ15001 個人情報保護マネジメントシステム-要求事項」に適合して、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者等を認定して、その旨を示すプライバシーマークを付与し、事業活動に関してプライバシーマークの使用を認める制度です。

プライバシーマーク